Bluetooth 4.0 BLE接続について

ロボット側にBLEモジュールが付いて、今回はBLEモジュールが付く情報連絡端末が、Bluetoothを介してロボットの動きをリモート監視、制御を行います。
全体のシステム構成としては、ロボット(BLE)~(BLE)情報連絡端末(WiFi)~WiFiアクセスポイント~(ether)クラウドサーバ(ether)~WiFiアクセスポイント~(WiFi)ブラウザまたはスマホアプリの形となります。

1、アクセス方式:SPPシリアル

2、プロトコール GATT、SDK化したのは、NOBLE(セントラル)/BLENO(ペリフェラル)、Node.js、Andriodなどいくつかのバージョンが用意されている。これでメソッドと、イベントをきちんとおさえれば、MVC開発の感覚で開発が進められる。作者に感謝&御礼。
https://github.com/sandeepmistry/
http://yegang.hatenablog.com/entry/2014/08/09/195246
https://www.safaribooksonline.com/library/view/getting-started-with/9781491900550/ch04.html

3、役割分担、情報連絡端末はCentral(セントラル)、ロボットはPeripheral(ペリフェラル)、ペリフェラルは外部設備、端末の意味合いと思って良い。携帯無線、WiFiとは真反対にして、ペリフェラルはアドバタイズメントを出して、自分の存在を一所懸命を周りに知らせる。セントラルが近くにあれば、ペリフェラルの存在を知り、必要であれば接続する。

4、サーバ/クライアント
セントラル/ペリフェラルとはイコールではない、サービス提供者の立場から、セントラルはサーバでも可能だし、クライアントでも可能だ。ペリフェラルも同様。

5、いくつかのキーワード
Serviceサービス(キャラクタリスティクスのコンテナ)、Characteristicsキャラクタリスティクス(送受信データのコンテナー)、UUID(サービス、キャラクタリスティクスを区分するための識別子)、writeキャラクタリスティクスvalue書き込み、readキャラクタリスティクスvalue読み込み、Notification知らせ(Subscribe登録しておけば、キャラクタリスティクスvalue変更の際、相手に知らせる)、Subscribe登録など。

6、開発手順
gatttoolツールで、GATTで定義したサービス、キャラクタリスティクスをよく確認して、それからNode.jsでプログラムを綴る。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい