Raspberry Pi B+にMONOインストールしてC#にも対応

Raspberry Pi 3BはWindows 10 IoT coreに対応可能と正式発表しました。Raspberry Pi B+でも対応可能だとの報告がありそうです。勿論これでC#は楽しめます。手元のRaspberry Pi B+にすでにDebianインストールして、MONOをインストールしてC#対応できるようになります。

3行のみでいきます。

# apt-get update
# apt-get upgrade
# apt-get install mono-complete

バージョン確認。Shell実行。

# mono --version
# csharp

以上。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

Raspberry Pi B+にPython 3.5.1インストール

1、DebianとPythonの既存バージョン確認

# cat /etc/debian_version
Debian 7.6
# python -V
Python 2.7.3

2、ベースのアップグレード、約2時間かかりました。

# apt-get update
# apt-get upgrade -y</code>
# apt-get dist-upgrade</code>
# apt-get install build-essential libncursesw5-dev libgdbm-dev libc6-dev zlib1g-dev libsqlite3-dev tk-dev libssl-dev openssl libbz2-dev libreadline-dev

3、pyenvのインストール

# git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
# echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
# echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
# echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
# source ~/.profile

4、Python 3.5.1のインストール、約1時間かかりました。

# pyenv install 3.5.1

5、Python 3.5.1へ切り替え、旧バージョンもそのまま

# python -V
Python 2.7.3
# pyenv globle 3.5.1
# Python -V
Python 3.5.1

以上。

 

 

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

Raspberry Pi B+のBLuetooth BLE接続について

bluetoothctl というコマンドで制御することができるのでその方法を紹介します。

0、環境:Raspberry Pi B+:Debian 7.6、Raspberryに挿すBluetooth USBドングル:ELECOM LBT-UAN05C2、通信相手:BLE付きセンサ

1、bluez 5.33ダウンロード

#curl -L -o bluez-5.33.tar.gz https://www.kernel.org/pub/linux/bluetooth/bluez-5.33.tar.gz
#tar zxvf bluez-5.33.tar.gz
# cd bluez-5.33

2、必要なライブラリーインストール

# apt-get install libusb-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev automake libudev-dev libical-dev libreadline-dev
# make
# make install

3、シンボリックリンク

# ln -svf /usr/libexec/bluetooth/bluetoothd /usr/sbin

4、Bluez コンフィグファイルコピー

# install -v -dm755 /etc/bluetooth
# install -v -m644 src/main.conf /etc/bluetooth/main.conf

5、ドキュメント類インストール

# install -v -dm755 /usr/share/doc/bluez-5.33
# install -v -m644 doc/*.txt /usr/share/doc/bluez-5.33

6、ツールコピー

# install -v -m644 test/* /usr/local/bin

7、bluetoothd起動

# /usr/sbin/bluetoothd &

8、bluetoothデバイスON

# hciconfig hci0 up

9、いよいよbluetoothctlコンソール

# bluetoothctl -a

10、コンソールに切り替え、相手スキャン

[bluetooth]# scan on

11、相手に接続

[bluetooth]# connect xx:xx:xx:xx:xx:xx

12、今度も自動認識

[bluetooth]# trust xx:xx:xx:xx:xx:xx

13、bluetoothデバイス自動ON

#nano /etc/udev/rules.d/10-local.rules

以下追加

ACTION=="add", KERNEL=="hci0", RUN+="/usr/bin/hciconfig hci0 up"

14、bluetoothd自動起動

#nano /etc/rc.local

以下exit 0の上に追加

/usr/sbin/bluetoothd &

これで再起動しても自動で通信相手が接続されるようになります。

以上。次は、node.jsで通信を制御、送受信を行います。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

趣味電子工作、ものづくり試作に提案する ロボット翔:電子部品ストア

ロボット翔は、ロボットキット、ドローン、Arduino互換ボード、拡張シールド、センサーモジュール、Zigbee通信モジュールなどの電子部品を、電子工作の学習や、モノづくりの試作に提案いたします。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

Zigbee+加速度センサ内蔵のIoT無線タグTWE-Lite-2525Aを使ってみる

coming soon

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい