Raspberry Pi B+にPython 3.5.1インストール

1、DebianとPythonの既存バージョン確認

# cat /etc/debian_version
Debian 7.6
# python -V
Python 2.7.3

2、ベースのアップグレード、約2時間かかりました。

# apt-get update
# apt-get upgrade -y</code>
# apt-get dist-upgrade</code>
# apt-get install build-essential libncursesw5-dev libgdbm-dev libc6-dev zlib1g-dev libsqlite3-dev tk-dev libssl-dev openssl libbz2-dev libreadline-dev

3、pyenvのインストール

# git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
# echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
# echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
# echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
# source ~/.profile

4、Python 3.5.1のインストール、約1時間かかりました。

# pyenv install 3.5.1

5、Python 3.5.1へ切り替え、旧バージョンもそのまま

# python -V
Python 2.7.3
# pyenv globle 3.5.1
# Python -V
Python 3.5.1

以上。

 

 

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

CentOS6でPHP5.3をPHP5.4にアップグレード手順

1、環境の確認

$ cat /etc/redhat-release
 CentOS release 6.3 (Final)

2、PHP5.3系の確認

# rpm -qa | grep php
 php-common-5.3.3-27.el6_5.x86_64
 php-cli-5.3.3-27.el6_5.x86_64
 php-5.3.3-27.el6_5.x86_64

3、PHP5.3の削除

# yum erase php*

4、epelとremiレポジトリの追加(64bit版)

# rpm -ivh http://dl.fedoraproject.org/pub/epel/6/x86_64/epel-release-6-8.noarch.rpm
 # rpm -ivh http://rpms.famillecollet.com/enterprise/remi-release-6.rpm

5、yumで追加

yum install php --enablerepo=remi

6、確認

# rpm -qa | grep php
 php-cli-5.4.24-1.el6.remi.x86_64
 php-common-5.4.24-1.el6.remi.x86_64
 php-5.4.24-1.el6.remi.x86_64

# php -v
 PHP 5.4.24 (cli) (built: Jan 9 2014 07:32:12)
 Copyright (c) 1997-2013 The PHP Group
 Zend Engine v2.4.0, Copyright (c) 1998-2013 Zend Technologies

以上

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

CentOS7でLAMP設定

PHP+MySQLで開発したWebコンテンツをCentos7サーバーに公開したいので、最も基本的なLAMP設定を行います。

続きを読む CentOS7でLAMP設定

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

ローカルサーバーを一時公開する場合の設定手順

あるウェブサービスを一時公開(サンプルデモとか)の際、利用中VPSサーバーの依存環境をどうしても変更したくない場合、ローカルサーバーを一時公開する方法が考えられます。バーチャル環境を構築する他、より簡単な方法で、NTT B-Flets光のルータを設定してなんとか対応できました。

続きを読む ローカルサーバーを一時公開する場合の設定手順

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

centOS迷惑メール撃退

既に公開されたメールアドレスにほぼ毎日スパムや、迷惑メールが来て困りませんか。
迷惑送信元にメール届けないとのメッセージを表示して、送信あてアドレスを知らせる。
1、/etc/postfix/main.cf編集(追加)

smtpd_sender_restrictions =
permit_mynetworks,
check_sender_access hash:/etc/postfix/access_list,
reject_unknown_sender_domain,
reject_non_fqdn_sender

2、# /etc/init.d/postfix reload
3、access_listファイル作成

# nano /etc/postfix/access_list
# my domain OK
xxxxx.com OK
# IP address OK
192.168.1.* OK
# mail address  OK
test@examples.com OK

# IP address REJECT
123.456.789.*** REJECT
# Domain REJECT
spam.org REJECT
# mail address REJECT
spam@spam.com REJECT

4、DB化し反映させます

# postmap /etc/postfix/access_list

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい