Groveセンサーモジュール、ベースシールドとは

Groveモジュールとは、4ピンコネクターが付くGrove仕様のセンサー、ベースシールド(GroveコネクタがつくBeagleBone Green、GrovePi+、Arduinoに挿せる拡張基板など)、挿してプログラム可能で、容易に使用できるツールセットの通称です。電子機器を組み立てるビルディング・ブロック・アプローチを採用しています。pプロトタインピング、試作品を組み立てるために、ブレッドボードや各種電子部品を使用しての伝統的な学習方法や試作に比較して、Groveが大幅に簡素化でき、プロセスを短縮します。Groveシステムは、Groveベースシールドと標準化されたコネクタを備えた様々なモジュールから構成されています。GroveベースシールドはGroveモジュールから任意のマイクロプロセッサの入力または出力の容易な接続を可能にします。

Groveシステム=Arduino、Raspiberryなど+Groveベースシールド(Groveシステム用拡張ボード)+Groveセンサーモジュール

◎ BeagleBone Greenボードには、Groveコネクタがそのまま付いています。

Groveセンサーモジュール、ベースシールド基板の連携販売サイト:SeeedStudio | ロボット翔-電子部品ストア です。

参考資料:メーカーWiKi

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい