深せんヒートシンク(放熱器)メーカZETA社視察

9月上旬、深せんヒートシンク(放熱器)メーカZETA社を訪問してきました。本社&工場は深せん北部の龍岡区工業団地に入っており、東がん市との境目に位置しています。深せん市内からのアクセスは、地下鉄は途中まで途切れているためバイパスを利用した乗用車です。 HUAWEI社、FOXCON社深せん工場など企業が区内に密集のため、ラッシュアワーのときは、多少渋滞しています。南山区に住む社員さんは朝7時に家を出ないと8時に会社に着けないそうです。今回の訪問は少し遅れて8時に南山区にある大学城付近のホテルからゼタ社まで何と2.5時間がかりました。バイパスがたいへん渋滞しました。やっと着いたところ、ゼタ社営業、マーケットを統括する副社長と、技術統括の方が訪問に応じて案内してくれました。

ゼタ社概要

2001年設立。主な製品は、溶接型放熱器、熱管モジュール、液冷プレート、アルミ放熱器、フィルムヒータです。主なお客さきは、大手通信メーカ、クラウドサーバメーカです。サーバ、スイッチなどのクラウド、通信機器用ヒートシンクはメイン製品です。シミュレーション、設計、試作、生産まで一貫したモノづくり企業です。年間売り上げ約30億円。社員数500人規模。本社&工場面積12000平米。ISO9001、ISO14001取得済み。

ゼタ社本社ビル、フロント

ゼタ社本社ビル
ゼタ社本社ビル

ゼタ社フロント
ゼタ社フロント

設計開発スペース、工場も見学しましたが、撮影は控えました。お客先のエンジニアが絡んで、試作開発が行われているようです。これから、新規お客先の取得、携帯電話やタブレット端末向けの新製品開発がどんどん加速していくそうです。中国の大きな市場で、これまで蓄積したノーハウ、販路を生かして、売り上げがまだまだ伸びさせる意気込みが感じさせられます。これから海外進出にも力を入れます。

展示製品

ゼタ社展示ヒートシンクその1
ゼタ社展示ヒートシンクその1

ゼタ社展示ヒートシンクその2
ゼタ社展示ヒートシンクその2

ゼタ社展示ヒートシンクその3
ゼタ社展示ヒートシンクその3

以上

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい