CentOS6.3マルチドメイン、バーチャルホスト追加時、awstatsの設定

マルチドメイン、バーチャルホストを利用の際、ログファイルをドメイン、バーチャルホスト毎に分けて保存する場合の追加設定です。

1、apacheのhttpd.confファイルを編集し、ログにバーチャルホスト名を記載するようにします。

# nano /etc/httpd/conf/httpd.conf
LogFormat "%v %h %l %u %t "%r" %>s %b "%{Referer}i" "%{User-Agent}i"" combined #でvirtualhost名を指定

※初めて、awstats利用の場合、先にyum install awstatsを実行の必要があります。

2、/etc/awstats/の下に、ドメイン、バーチャルホスト毎にawstatsの設定ファイルを作成して、編集しておきます。

LogFormat = "%virtualname %host %other %logname %time1 %methodurl %code %bytesd %refererquot %uaquot" #vitualnameの指定が必要
DNSLookup=1 #訪問者のドメイン名を表示

 

続きを読む CentOS6.3マルチドメイン、バーチャルホスト追加時、awstatsの設定

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

WordPress Popular PostsとBasic認証の兼ね合い

人気の記事を表示させるプラグインWordPress Popular Postsが有効にしたら、wp-adminのBasic認証画面が出てきます。これは、WordPress Popular Postsの設定→TOOLS→Ajaxify widgetがEnabledにして、wp-admin/admin-ajax.phpがJavacriptからアクセスしていると考えられます。wp-admin/.htaccessを以下内容を追加して、admin-ajax.phpへのアクセスを許可しておきます。

<Files ~ "^admin\-ajax\.php$">
    Satisfy Any
    allow from all
</Files>

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

CocoaAsyncSocket使用のTCPクライアントiOS App

GCDソケットを利用してTCPクライアントの構築を行う際、最も基本な設定をメモしておきます。

1、Githubより、CocoaAsyncSocketをダウンロードしておきます。

2、GCDAsyncSocket.h、GCDAsyncSocket.mをxcodeプロジェクトに取りこみます。

3、ターゲットviewcontollerにヘッダファイルをインポートして、宣言しておきます。

#import "GCDAsyncSocket.h"
@interface ViewController (){
 GCDAsyncSocket *asyncSocket;
}

4、ソケットを初期化して、接続を行います。

asyncSocket=[[GCDAsyncSocket alloc] initWithDelegate:self
delegateQueue:dispatch_get_main_queue()];
NSError *error = nil;
uint16_t portno = [[[self port] text] intValue];
if (![asyncSocket connectToHost:[ipaddress text] onPort:
portno error:&error]){...}
else{...}
}

5、ソケットからデータを取り込みます。

[asyncSocket readDataWithTimeout:-1.0 tag:0];

6、ソケットへデータを書きこみます。

[asyncSocket writeData:requestData withTimeout:-1 tag:0];

withTimeout:-1 は、ライムアウトなしと意味します。

7、ソケットイベントハンドラもいくつか取りこみます。

- (void)socket:(GCDAsyncSocket *)sock didConnectToHost:
(NSString *)host port:(UInt16)portno {...}
- (void)socket:(GCDAsyncSocket *)sock didWriteDataWithTag:
(long)tag {...}
- (void)socket:(GCDAsyncSocket *)sock didReadData:
(NSData *)data withTag:(long)tag{...}
- (void)socketDidDisconnect:(GCDAsyncSocket *)sock 
withError:(NSError *)err {...}

ロボット翔-電子部品ストアで、SLAM LIDARなどのロボット部品、ドローン、センサモジュールを販売しています。

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

Android AppにGPS機能実装の例

画面遷移

o2o-app
o2o-app

画面遷移するためのソースサンプル

1、遷移元画面 Listview.java

import com.soarcloud.O2O.Browser;
findButton.setOnClickListener(new View.OnClickListener() {  
  public void onClick(View v) { 
    Intent in = new Intent(getApplicationContext(), Browser.class);
    startActivity(in);	
  }  
});

続きを読む Android AppにGPS機能実装の例

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

Fluentedを使ってセンサデータの収集、クラウドへ転送

サーバ側Fluented設定

## built-in TCP input
## $ echo <json> | fluent-cat <tag>
<source>
 type forward
 port 24224
</source>
<match sensor.test>
 type mongo
 database sensor
 collection test
 host localhost
 port 27017
 disable_collection_check true
 capped
 capped_size 2048m
</match>
<match gyro.test>
 type mongo
 database gyro
 collection test
 host localhost
 port 27017
 disable_collection_check true
 capped
 capped_size 2048m
</match>

センサデータ収集転送側Fluentd設定

coming soon

ロボット翔-電子部品ストアで、SLAM LIDARなどのロボット部品、ドローン、センサモジュールを販売しています。

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください