centos

vpsバーチャルホスト、バーチャルドメイン追加

vitual-testは/var/www/html/vitual-test/にインストールされるので、http://virtual-test.domain.com/でアクセスできます。バーチャルホストの設定を行います。

# nano /etc/httpd/conf.d/vhost.conf
<virtualhost *:80>
DocumentRoot /var/www/html/virtual-test
ServerName virtual-test.domain.com
</virtualhost>

これで設定したURLにアクセスするとvirtual-testのページが表示されるはずです。
最後に、httpdを再起動して、設定を反映させます。

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

補足: DNSドメイン管理のところ、新たにvirtual-testをエントリーとして追加の必要があります。メールボックス不要な場合、Aレコードのみで良いでしょう。

因みに、/etc/httpd/conf/httpd.confでconf.d以下全てを読み込ますInclude conf.d/*.confという設定を書いているのに、さらにInclude conf.d/VirtualHost.confを書くと、/etc/httpd/conf.d/VirtualHost.confのNameVirtualHost *:80の部分が2重に読み込まれて、Apache再起動時に以下のワーニングを吐く:
[warn] NameVirtualHost *:80 has no VirtualHosts

以上の二重読み込みワーニングを避けるには、
/etc/httpd/conf/httpd.confと、/etc/httpd/conf.d/vhost.confのどちらかで記載して良い。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストアロボット、SlamLidar、センサ、Arduino、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュールが品揃えています。どうぞご利用下さい