機械学習の9、教師なしk平均法

はじめに

本文には、大文字表現=行列/マトリクス、\(\boldsymbol{bold}\)小文字表現=ベクトル\(R^d\)、普通小文字表現=スカラー\(R\) と記す。

非階層クラスター分析とは異なる性質のものが混ざり合った集団から、互いに似た性質を持つものを集めてクラスターを作る方法である。ただし、予めいくつのクラスターに分けるかは先に決める必要がある。k平均法(k-means)は非階層クラスター分析の一つで、クラスターの平均(Means)を用いて、あらかじめ決められたクラスター数k個に分類する方法である。

k-means

1、全てのサンプルに最も近いクラスタセンタを探る→2、クラスタ平均値(Mean)でクラスタセンタを更新する→再度1を実行する→再度2を実行する、クラスタセンタが変わらないまで1の実行を繰り返す。

実装

複数のポイントを4クラスタに配属する。

k_means_test
k_means_test

ソースコード
https://github.com/soarbear/Machine_Learning/tree/master/k_means

実行

centroids:
[[-2.46149268 -0.60273756]
 [-0.57051504 -3.25574076]
 [ 2.85356363  0.16031334]
 [-3.54201389 -3.13476225]]
centroids:
[[-2.46650438  2.55882843]
 [ 2.12143555 -3.58637036]
 [ 2.8287018   1.4343227 ]
 [-3.59385056 -2.94282822]]
centroids:
[[-2.46154315  2.78737555]
 [ 2.54173689 -3.11892933]
 [ 2.71502526  2.5965363 ]
 [-3.53973889 -2.89384326]]
centroids:
[[-2.46154315  2.78737555]
 [ 2.65077367 -2.79019029]
 [ 2.6265299   3.10868015]
 [-3.53973889 -2.89384326]]

参考文献

[1] PeterHarrington. Machine Learning in Action.

ロボット・ドローン部品お探しなら
ロボット翔・電子部品ストア