深層学習の3、複数人体検出実験

概要

yolo_v3を用いて、動画から複数人体の検出を行ってみる。

実装

GPUの確認

!nvidia-smi
nvidia_tesla_k80_spec
nvidia_tesla_k80_spec

Darknetリポジトリのクローン作成

import os
os.environ['PATH'] += ':/usr/local/cuda/bin'
!git clone https://github.com/AlexeyAB/darknet/

コンパイル環境のインストール

!apt install gcc-5 g++-5 -y
!ln -s /usr/bin/gcc-5 /usr/local/cuda/bin/gcc 
!ln -s /usr/bin/g++-5 /usr/local/cuda/bin/g++

ライブラリのコンパイル

cd darknet
!sed -i ‘s/GPU=0/GPU=1/g’ Makefile
!sed -i ‘s/OPENCV=0/OPENCV=1/g’ Makefile
!make

yolov3重みのゲット

!wget https://pjreddie.com/media/files/yolov3.weights
!chmod a+x ./darknet

動画mp4ファイルのアップコード

from google.colab import files
uploaded = files.upload()

人体検出

!./darknet detector demo cfg/coco.data cfg/yolov3.cfg yolov3.weights -dont_show fifa.mp4 -i 0 -out_filename fifa.avi -thresh 0.7

Jupyter NotebookファイルはGithubへ公開 https://github.com/soarbear/YOLOv3_detection

結果

以下の画像をクリックすると、画面がyoutube動画サイトへ遷移する。

動画から人体検出
動画から人体検出

参考文献

https://pjreddie.com/darknet/yolo/

ロボット・ドローン部品お探しなら
ロボット翔・電子部品ストア