Laravel5のWebSocketについて

ChatやIoTリアルタイム処理にLaravel5のWebSocketが必要となります。以下の参考ベースがあります。

1、Ratchetライブラリ:https://github.com/ratchetphp/Ratchet

2、laravel 5.2 chat

3、github.com/assertchris/laravel4 リアルタイムchat

4、ライブラリ:github.com/BrainBoxLabs/brain-socket

5、socket IO:www.codetutorial.io/laravel-5-and-socket-io-tutorial/

6、AJAX&laravel 4:https://www.youtube.com/watch?v=GLDjgbbBvOg

以上。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

Raspberry Pi B+にPython 3.5.1インストール

1、DebianとPythonの既存バージョン確認

# cat /etc/debian_version
Debian 7.6
# python -V
Python 2.7.3

2、ベースのアップグレード、約2時間かかりました。

# apt-get update
# apt-get upgrade -y</code>
# apt-get dist-upgrade</code>
# apt-get install build-essential libncursesw5-dev libgdbm-dev libc6-dev zlib1g-dev libsqlite3-dev tk-dev libssl-dev openssl libbz2-dev libreadline-dev

3、pyenvのインストール

# git clone https://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv
# echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.profile
# echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.profile
# echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.profile
# source ~/.profile

4、Python 3.5.1のインストール、約1時間かかりました。

# pyenv install 3.5.1

5、Python 3.5.1へ切り替え、旧バージョンもそのまま

# python -V
Python 2.7.3
# pyenv globle 3.5.1
# Python -V
Python 3.5.1

以上。

 

 

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

Raspberry Pi B+のBLuetooth BLE接続について

bluetoothctl というコマンドで制御することができるのでその方法を紹介します。

0、環境:Raspberry Pi B+:Debian 7.6、Raspberryに挿すBluetooth USBドングル:ELECOM LBT-UAN05C2、通信相手:BLE付きセンサ

1、bluez 5.33ダウンロード

#curl -L -o bluez-5.33.tar.gz https://www.kernel.org/pub/linux/bluetooth/bluez-5.33.tar.gz
#tar zxvf bluez-5.33.tar.gz
# cd bluez-5.33

2、必要なライブラリーインストール

# apt-get install libusb-dev libdbus-1-dev libglib2.0-dev automake libudev-dev libical-dev libreadline-dev
# make
# make install

3、シンボリックリンク

# ln -svf /usr/libexec/bluetooth/bluetoothd /usr/sbin

4、Bluez コンフィグファイルコピー

# install -v -dm755 /etc/bluetooth
# install -v -m644 src/main.conf /etc/bluetooth/main.conf

5、ドキュメント類インストール

# install -v -dm755 /usr/share/doc/bluez-5.33
# install -v -m644 doc/*.txt /usr/share/doc/bluez-5.33

6、ツールコピー

# install -v -m644 test/* /usr/local/bin

7、bluetoothd起動

# /usr/sbin/bluetoothd &

8、bluetoothデバイスON

# hciconfig hci0 up

9、いよいよbluetoothctlコンソール

# bluetoothctl -a

10、コンソールに切り替え、相手スキャン

[bluetooth]# scan on

11、相手に接続

[bluetooth]# connect xx:xx:xx:xx:xx:xx

12、今度も自動認識

[bluetooth]# trust xx:xx:xx:xx:xx:xx

13、bluetoothデバイス自動ON

#nano /etc/udev/rules.d/10-local.rules

以下追加

ACTION=="add", KERNEL=="hci0", RUN+="/usr/bin/hciconfig hci0 up"

14、bluetoothd自動起動

#nano /etc/rc.local

以下exit 0の上に追加

/usr/sbin/bluetoothd &

これで再起動しても自動で通信相手が接続されるようになります。

以上。次は、node.jsで通信を制御、送受信を行います。

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい

広州トランス(変圧器)メーカパール電気視察

H28年9月上旬、広州トランスメーカのパール電気を訪問してきました。本社&工場は広州市番余区にあります。高速鉄道広州南駅から乗用車30分程度、白雲国際空港から1.5時間程度。今回は高校時代の同級生でもあるパール電気の社長にお邪魔しました。

パール電気社概要

1999年設立。500人規模。主な製品は、乾式トランス、油入トランス、非晶質合金乾式トランス、非晶質合金油式トランス、非カプセル化乾式トランスなど大型トランスです。開発、設計、試作、生産まで一貫したモノづくり企業です。本社敷地面積80000平米。ISO9001、ISO14001、OHSAS18001取得済み。年間売り上げ約150億円です。中国国内のみならず、ヨーロッパにも進出しています。

パール電気社本社ビル

パール電気本社ビルーおもて
パール電気本社ビルーおもて

パール電気本社ビルーうら
パール電気本社ビルーうら

パール電気社工場

パール電気工場その1
パール電気工場その1

パール電気工場その2
パール電気工場その2

パール電気工場その3
パール電気工場その3

パール電気工場その4
パール電気工場その4

パール電気工場-出荷寸前
パール電気工場-出荷寸前

モノづくり試作、研究開発に提案する、ロボット翔-電子部品ストア、センサ、Arduino互換ボード、拡張シールド、Bluetooth/Zigbee/WiFi/RFIDモジュール、ロボット制御ボード、ドローンが品揃えています。どうぞご利用下さい