iSureStar車載、UAV、パイロット、地上測量用3D Lidar

自動運転・ADAS向け

R-Fans 3Dライダー16CH/32CH・200m

R-Fans 3Dライダー・200m
R-Fans 3Dライダー・200m

R-Angle車載モバイルライダー

R-Angle車載モバイルライダー
R-Angle車載モバイルライダー

ドローンUAV向け

Geniusドローンライダーシステム

Geniusドローンライダーシステム
Geniusドローンライダーシステム

Sky-Lark UAVライダーシステム

Sky-Lark UAVライダーシステム
Sky-Lark UAVライダーシステム

パイロット向け

A-Pilotレーザスキャナ

A-Pilotライダーシステム
A-Pilotライダーシステム

地上測量向け

U-Arm地上レーザースキャナー

U-Arm地上レーザースキャナー
U-Arm地上レーザースキャナー

販売店

ロボット翔・電子部品ストア・iSureStar商品一覧

以上

1+

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい

研究開発用 台車型ロボット キット

低コスト台車ロボットプラットフォーム

外形寸法は400x395x212.5mm、可搬重量は約40kg、最高速度は約1.0m/s、アルミ合金により軽量で高剛性なロボットキットとなります。SLAM、ROS、AI等の機能が実装する台車型ロボット、自律移動ロボット、無人搬送ロボット、AGVの研究開発用プラットフォームとしてご利用いただけます。

主な規格

外形寸法 L400mm×W390mm×H212.5mm
積載重量 40kg(台車重量を除く)
駆動方式 駆動輪2個(二輪駆動)、前部キャスター1個
最高速度 約1.0m/s
車輪直径 125mm
車輪素材 アルミホイル、ゴム
ブラシ付きモータ 定格電圧12V、定格電流3A、定格回転数146RPM、定格トルク1.55Nm、ストール電流7A
光学式エンコーダ  1000CPR(モータ・シャフト)/27000CPR(ギヤボックス・シャフト)
※オプション:蓄電池、制御ボード、モータドライバ、Slam Lidar、赤外線デプスカメラ、ステレオカメラ

販売時期

2019年2月上旬から発売の予定

販売元

研究開発用 台車ロボット キット

以上

2+

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい

NTPサーバーの設定と時刻合わせ

ROSではノード間の時刻の同期が必須であり、インターネット経由で公的機関の標準時刻に同期をとるのは一般的。ROS公式ではchronyのインストールがすすめられている。RTCモジュールがつかないボードには、常時インターネット接続でないロボットに、RTCモジュールを追加してロボットの電源が切れても時刻を保持する必要がある。以下仮にRTCモジュールがすでに存在した前提で、ntpでROSマスタとしてのNTPサーバーの設定と時刻合わせしていきましょう。

$cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=14.04
DISTRIB_CODENAME=trusty
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 14.04.5 LTS"
$sudo apt-get -y install ntp
$sudo nano /etc/ntp.conf
server ntp.nict.jp
broadcast [client IP address]
$sudo /etc/init.d/ntpd restart                                                 
$sudo /etc/init.d/ntp status
* NTP server is running
$sudo /etc/init.d/ntpd stop                                                  
* Stopping NTP server ntpd                                              [ OK ]
$sudo ntpdate ntp.nict.jp                                                    
12 Dec 14:48:58 ntpdate[1857]: adjust time server ntp.nict.jp offset -0.031820 sec
$sudo /etc/init.d/ntpd start                                                 
* Starting NTP server ntpd                                              [ OK ]

RTCモジュールが時間とともに、時刻のドリフトが必ず発生してしまうので、年間秒単位のドリフト望ましいが、難しい問題である。解決策の一つとして、手間かかるが、定時的にインタネットに接続しておき、公的機関の標準時刻に同期する方法がある。

以上

3+

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい