CentOS7でLAMP設定

PHP+MySQLで開発したWebコンテンツをCentos7サーバーに公開したいので、最も基本的なLAMP設定を行います。

1、Apache+PHP+MySQL接続系ライブラリのインストール

# yum -y install php-mysql php php-gd php-mbstring php-pdo php-pear php-mcrypt

apacheの起動

# systemctl start httpd

apacheのバージョン確認

# httpd -v

※最小限のインストールで、/etc/httpd/conf/httpd.fの設定も必要ですが、ここで省略します。

2、MySQLインストール

CentOS7ではMySQLではなくMariaDBがデフォルトになっていますが、MariaDB関連を削除して、MySQLをインストールします。
maria関係を確認します。

# yum list installed | grep maria

maria関係を削除します。

# yum -y remove mariadb-libs

MySQL公式のリポジトリを登録します。

# yum install http://dev.mysql.com/get/mysql-community-release-el7-5.noarch.rpm

MySQL5.6をインストールします。

# yum --enablerepo=mysql56-community install mysql-community-server

MySQLを起動します。

# systemctl start mysqld

rootでログインします。

# mysql -u root

root/127.0.0.1パスワードを設定します。

SET PASSWORD FOR 'root'@'localhost' = PASSWORD('*******');
SET PASSWORD FOR 'root'@'127.0.0.1' = PASSWORD('*******');

3、FirewallにHTTPサービスを永久に開放

# firewall-cmd --add-service=http --permanent --zone=public

4、Firewallにポート80番を永久に開放

# firewall-cmd --add-port=80/tcp --permanent --zone=public

ファイアウォールを再起動

# firewall-cmd --reload

 5、ブラウザでhttp://localhostを入力してアクセス

testing123画面が出たら、httpdがインストールできました。

0

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

ローカルサーバーを一時公開する場合の設定手順

あるウェブサービスを一時公開(サンプルデモとか)の際、利用中VPSサーバーの依存環境をどうしても変更したくない場合、ローカルサーバーを一時公開する方法が考えられます。バーチャル環境を構築する他、より簡単な方法で、NTT B-Flets光のルータを設定してなんとか対応できました。

ローカルサーバOS: CentOS7.0
追記:
1、Bフレッツルータ~サーバー間はwifi接続では、ローカル範囲ではhttp接続できました。WAN外部からの接続はだめでした。 
2、Bフレッツルータ~サーバー間はLANケーブル接続では、ローカルでも、WAN外部からでもhttp接続ができました。
3、ただし、ローカル範囲(LAN)で、グローバルIPアドレスでのアクセスはだめでした。WAN外部からのhttp接続ができました。ローカル範囲(LAN)では、ローカルIPアドレスでの接続が問題ありませんでした。これで、目的達成です。
4、サーバーのローカルIPアドレスは固定にする必要があります(サーバー側の設定だけでできます)。
こちらの記事を参考させていただきました。あわせてご参考にしてください。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10121761970

0

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください

MySQL DB処理のPHP文:レコード読み込み、書き込み(挿入)、更新、削除

最も基本的なDB処理のPHP構文をメモしておきます。Laravel/Lumen/Symfonyなどフレームワーク利用の場合、参考不要になります。でもフレームワーク利用の場合、チームワークの利便性、開発スピードが向上しますが、オーバーヘッドが重くなり、レスポンスが遅く見受けられます。場合により、ストレートでPHP+MySQLの開発もあります。

1、MySQL文:レコード読み込み、recordはテーブル名とします

$sql = mysql_query("SELECT id, data1, data2, data3 FROM record WHERE id = '".$_GET['id']."'");
$data = mysql_fetch_array($sql);

2、MySQL文:レコード挿入

mysql_query("INSERT INTO record (data1, data2, data3) VALUES( '".$_POST['data1']."', '".$_POST['data2']."', '".$_POST['data3']."');

3、MySQL文:レコード更新

mysql_query("UPDATE record SET data1 = '".$_POST['data1']."', data2 = '".$_POST['data2']."', data3 = '".$_POST['data3']."', WHERE id = '".$_GET['id']."'");

4、MySQL文:レコード削除

mysql_query("DELETE FROM record WHERE ID = '".$_GET['id']."'");
0

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアにロボット・ドローン関連部品が品揃えています。どうぞご利用ください