Zaif web オーダーツール

Zaifさんへの注文はオフィシャル画面で通らないときがあり、果たして画面がフリーズとなり、売買タイミングが失ってしまう。なので注文が板に載せるまで注文リクエストを繰り返すツール作成した。

主な機能

1)資産、価格情報を取得
2)買い注文・売り注文を出す
3)投げた注文の状況を確認する
4)投げた注文をキャンセルする

環境

python3.6 or above、Flask、zaif-client

実装手順

git clone https://github.com/soarbear/zaif-order-tool.git
cd zaif_order_tool
sudo pip3 install flask
sudo pip3 install zaif-client
python3 app.py
→ブラウザを立ち上げて http://localhost:5000/ にアクセスしてみる。

免責事項

このツールのご利用は自己責任でお願いします。

ソースコード

ソースコードはgithubに公開済み→github

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアロボット、センサ、通信モジュールが品揃えています。どうぞご利用下さい

Python3再帰動作検証~決定木まで

Pythonバージョン確認

C:\recurse>py -V
Python 3.6.5

再帰動作検証その1

自然数1~5の足し算

# file_name: recurse.py
def recurse_add(n):
    if n==1:
        return 1
    return n + recurse_add(n - 1)
if __name__ == '__main__':
    recurse_add(5)

Stackの様子を見てみよう、下から上の順にPush、逆のほうからPop(LIFO)

recurse_add(1)
2+recurse_add(1)
3+recurse_add(2)
4+recurse_add(3)
5+recurse_add(4)

再帰動作検証その2

フォルダーc:/recurse/直下のサブフォルダー、ファイル名を階層で表示

Pythonコード

# file_name: recurse.py
import os
FOLDER = "c:/recurse/"
def main():
    counter_recurse = 0 # 再帰counter初期化
    print_files(FOLDER, counter_recurse) # folderとsub_folerのfilesをプリントする
def print_files(folder, counter_recurse): # 再帰関数の入り口
    for f in os.listdir(folder):
        full_name = folder + f # PATHつきfile名 または folder名
        if os.path.isdir(full_name): # folderの場合
            # folder名プリント
            print(" " * 5 * counter_recurse + f + ", counter_recurse =" , counter_recurse)
            counter_recurse = counter_recurse + 1 # folder名プリント
            print_files(full_name + "/", counter_recurse) # 再帰、スタックにプッシュ、LIFOでポップ
            counter_recurse = 0 # 再帰counterリセット、再帰毎終了時に実行
        elif os.path.isfile(full_name): # fileの場合
            print(" " * 5 * counter_recurse + f) # file名プリント
if __name__ == '__main__':
    main()

確認

C:\recurse>py recurse.py
file_in_recurse.txt
folder1, counter_recurse = 0
     folder2, counter_recurse = 1
          folder3, counter_recurse = 2
               folder4, counter_recurse = 3
                    file_in_folder4.txt
folder5, counter_recurse = 0
     folder6, counter_recurse = 1
          folder7, counter_recurse = 2
               file_in_folder7.txt
recurse.py

決定木の再帰

coming soon
以上

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアロボット、センサ、通信モジュールが品揃えています。どうぞご利用下さい

16m、薄型、ROS対応レーザスキャナ YDLIDAR G4

YDLIDAR_G4
YDLIDAR_G4

SLAM LIDAR-YDLIDAR G4の主なスペックは以下のとおり

・寸法 72mm(直径) x 41mm(厚さ)
・検出方法 360度回転式・三角法
・検出距離 max 16m
・サンプリング周波数 max 9kHz
・回転周波数 max 12Hz
・環境光 2kLux
・ROS対応

YDLIDAR G4 vs RPLIDAR A2M8 主なスペック比較

仕様 YDLIDAR G4 RPLIDAR A2M8
メカニズム 360度モータ回転式 360度モータ回転式
計測法 三角法 三角法
ROS対応
寸法 Φ72mm x H42mm Φ76mm x H41mm
本体重さ 214g 200g
最大起動電流 550mA 1500mA
定格電圧電流 5V450mA 5V500mA
検知距離 0.1~16m 0.15~12m
回転周波数 5Hz~12Hz 5Hz~15Hz
レンジ周波数 4kHz~9kHz 2kHz~8kHz
距離精度 <0.5mm(0.10~2.0m)、距離の1%以下(2.0m~16m)   0.5mm(0.10~1.5m)、距離の1%以下(1.5m~12m)  
角度精度 0.3度(回転周波数7Hz) 0.45~1.35度
規模応用例   あり、EAI Robot あり、Slamtec Robot

自律移動ロボットベースのために開発したEAI YDLIDAR G4

YDLIDAR G4 タッチスクリーンへの活用


・詳細&商品リンク YDLIDAR G4 | ロボット翔-電子部品ストア

研究開発・検証試作に提案するロボット翔・電子部品ストアロボット、センサ、通信モジュールが品揃えています。どうぞご利用下さい