PHPローカル開発環境構築:Netbeans + Xampp + MySQL + PHPエンジン + xDebug

ローカルPC環境: windows7 home edition SP1

1、NetBeans IDE 8.0.2 ダウンロード
NetBeans 8.0.2 Windows.exe

2、XAMPP for Windows 5.5.24 ダウンロード
phpエンジン、Apache , MySQL含まれています。
xampp-win32-5.5.24-0-VC11-installer.exe

3、xdebugダウンロード
http://www.xdebug.org/download.phpPHP 5.5 VC11 (32 bit) (MD5: 2f15994c2d6311ec1dc7812767b36dfe)
php_xdebug-2.3.2-5.5-vc11-nts.dll

4、Windows版Javaのダウンロード、 Version 8 Update 45 (ファイルサイズ: 550 KB)推奨
netbeans実行必要、インストール済みの場合、再インストール不要
http://www.java.com/ja/download/chrome.jsp
chromeinstall-8u45.exe

5、ポート変更
[XAMPPをインストールしたディレクトリ]\apache\conf\httpd.conf
58行目付近
#Listen 80
Listen 8080
219行目付近
#ServerName localhost:80
ServerName localhost:8080
6、[XAMPPをインストールしたディレクトリ]を開いて、SSL用のポート番号も443から任意の番号に変更します。

・現在
Listen 443
…略…
<VirtualHost _default_:443>
…略…
ServerName localhost:443

・変更後
Listen 1443
…略…
<VirtualHost _default_:1443>
…略…
ServerName localhost:1443

7、XDebug設定
Adminからphp.iniを開き、XDEBUGという項目を探します。
[XDebug]
zend_extension = “C:\xampp\php\ext\php_xdebug.dll”
;xdebug.profiler_append = 0
;xdebug.profiler_enable = 1
;xdebug.profiler_enable_trigger = 0
xdebug.profiler_output_dir = “C:\xampp\tmp”
;xdebug.profiler_output_name = “cachegrind.out.%t-%s”
xdebug.remote_enable = 1
xdebug.remote_handler = “dbgp”
xdebug.remote_host = “127.0.0.1”
;xdebug.trace_output_dir = “C:\xampp\tmp”

Xamppのphpinfoメニューから、xdebugの項目を確認します。

8、NetBeansでデバッグ
ツールのオプションを選択し、PHPタブをクリックするとデバッグポートを設定するページなどがあるのだが、デフォールトで9000ポートが埋まっています。

9、MySQLパスワード設定
http://localhost:8080/security/index.php

10、xampp画面セキュリティ画面もじばけ
[XAMPPをインストールしたディレクトリ]¥lang¥jp.phpを秀丸エディタなどのテキストエディタで開いて、「UTF-8」として保存します。[XAMPPをインストールしたディレクトリ]¥langsettings.phpも同様にコード変換します。

【2015-07-27追記】 XAMPPツール画面の右にある、shellボタンをクリックしたら、ターミナルが起動します。これで、mysqlの作成、挿入、更新、削除などDBコマンドのテストが便利になります。なお、Ruby、Redis、MongoDB等をインストトールまた、テストにも利用できますので、利便性の良いローカル開発環境が構築できたことを実感しました。

0

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい

vpsバーチャルホスト、バーチャルドメイン追加

vitual-testは/var/www/html/vitual-test/にインストールされるので、http://virtual-test.domain.com/でアクセスできます。バーチャルホストの設定を行います。

# nano /etc/httpd/conf.d/vhost.conf
<virtualhost *:80>
DocumentRoot /var/www/html/virtual-test
ServerName virtual-test.domain.com
</virtualhost>

これで設定したURLにアクセスするとvirtual-testのページが表示されるはずです。
最後に、httpdを再起動して、設定を反映させます。

# /etc/rc.d/init.d/httpd restart

補足: DNSドメイン管理のところ、新たにvirtual-testをエントリーとして追加の必要があります。メールボックス不要な場合、Aレコードのみで良いでしょう。

因みに、/etc/httpd/conf/httpd.confでconf.d以下全てを読み込ますInclude conf.d/*.confという設定を書いているのに、さらにInclude conf.d/VirtualHost.confを書くと、/etc/httpd/conf.d/VirtualHost.confのNameVirtualHost *:80の部分が2重に読み込まれて、Apache再起動時に以下のワーニングを吐く:
[warn] NameVirtualHost *:80 has no VirtualHosts

以上の二重読み込みワーニングを避けるには、
/etc/httpd/conf/httpd.confと、/etc/httpd/conf.d/vhost.confのどちらかで記載して良い。

0

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい

File,Directoryのパーミッシュン、所有者変更

1、File,Directoryの所有者変更

#chown user-name target_file
#chown -R user-name target_directory

-c: 所有者が変更されたファイルのみ詳細に表示します。
-f: 所有者を変更できない場合、エラーメッセージを表示しません。
-v: 所有者の変更を詳細に表示します。
-R: ディレクトリとディレクトリ以下のファイルを再帰的に変更します。

2、File,Directoryのパーミッション変更

#chmod 0755 target_file
#chmod -R 0755 target_directory

-c: パーミッションが変更されたファイルのみ詳細を表示します。
-f: パーミッションを変更できない場合、エラーメッセージを表示しません。
-v: パーミッションの変更を詳細に表示します。
-R: ディレクトリとディレクトリ以下のファイルを再帰的に変更します。

0

ロボット・ドローン部品お探しなら、ロボット翔をご利用下さい